« 自然のサイクルが? | トップページ | 蕎麦の花 »

井戸さらい

南蔵王の麓、国立南蔵王青少年野営場の近くに土地がある。将来は山暮らしもいい物だと購入し整地して井戸を掘った。
井戸を掘ったのは10年前、それ以来一度も井戸さらいをしていない、蓋をかけなかった時代もあり、落葉などが詰まっているのでは、今ひとつは今までバケツに紐をつけて水を汲み上げたがエンジンポンプでやったら便利ではないかとの思いがあった。農業用資材を販売している所でこのエンジンポンプが三万円以下で販売していた。これなら行けると帰省の折、ふじみ野市のトステムビバを調べたら、同じく三万円以下で販売、それに会員の割引のハガキが来ていたので、私が最初に調べた白石市の農機具販売店と変らない。トステムで購入、店員の定年による再就職のおじさんが使用方法を懇切丁寧に教えていただき、エンジンの始動までしてくれた。
問題は汲み上げに必要な耐圧ホースが備え付けの物では短く購入せざるを得ない、ところが、折からの暑い夏と水不足で近隣の農家が散水のため耐圧ホースを購入、品切れ状態であった。やむなく、川越市のホームセンターで耐圧ホースを7メートル購入。その値段が6千円近い、エンジンポンプと比較するとこのホースの値段は驚き桃の木的価格である。
Dsc_0899
Dsc_0900
野営場は夏休みが終ったのか静かなたたずまいを見せている。国立なのに野外活動の専門家がいず、宮城県の退職校長の天下り先、日本キャンプ協会が指定管理を受ければ、この野営場ももっと生き生きすると思う。事務局長の太郎ちゃんプッシュしては。


|

« 自然のサイクルが? | トップページ | 蕎麦の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244324/36530761

この記事へのトラックバック一覧です: 井戸さらい:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 11時59分

« 自然のサイクルが? | トップページ | 蕎麦の花 »