« 広瀬川流れる岸辺 | トップページ | 人海戦術 »

旅で発見する

 知っているようで知らない日本のこと、旅はそれを教えてくれる。
 酒田から新庄へ最上川を遡る。途中に戸沢村がある。その村に入ったときに国保誕生の地という看板が目に入った。国民健康保険はこの最上川の川沿いの町で産声を上げたのだと感心をした。
 定年になって国民健康保険へ加入し、国保が身近に感じている、そんな思いで走っていると、最上川が大きくカーブする所に、朝鮮風の建物が出現、戸沢村の道の駅であった。なぜ、こんな所に韓国風の建物が、そう言えば、隣の大蔵村の韓国人花嫁について月刊社会教育で呼んだ事があるがと、そんな思いで立ち寄る。売店のお姉さんに聞いてみる。お姉さんの日本語は少したどたどしい、韓国から来ているとのこと。戸沢村が韓国の農村との交流を図る姉妹関係の中からこの道の駅が生まれたとか。
 流れている音楽も韓流、店内にも韓流スターの写真が、法酒は売ってなかったが、韓国の食材が売られている。抹茶のマッコリと黒大豆のマッコリを購入してきた。

Dsc_0936_2

韓国風の建物の写真は、間違って消してしまった。


|

« 広瀬川流れる岸辺 | トップページ | 人海戦術 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244324/36810867

この記事へのトラックバック一覧です: 旅で発見する:

« 広瀬川流れる岸辺 | トップページ | 人海戦術 »