« 夏休み小旅行 | トップページ | 大地を冷やす雨 »

志田菊宏さんのこけし

 志田ちゃんは山形県西村山郡西川町大井沢でこけしをこつこつと作っている。月山ICから車で10分程度の所にあるのだが、私は一度も訪ねた事がない。無論、この近くの羽黒山・湯殿山・月山には何度か来た事がある。それは登山であったりスキーであったり、観光客の多くが多分大井沢によることはないだろう。今回は妻との旅で登山が目的でないので、大井沢の志田さんの工房に寄ることも一つの目的であった。
 彼は、神職そして山小屋の管理人なのでこの時期に連絡もなく彼に会えたのは翌日に大井沢の湯殿山神社で火渡りの儀式が有り、修験道者が来ていたことにも寄る。神のお引き合わせかも知れない。
私は、私の波長に会わない工人のこけしは遠慮している。だから、収集作品も偏りが有るが、少なくとも私の収集作品の工人は、心根が優しく好い人たちと云える人たちです。
 志田ちゃんのこけしは、こけしの菩薩だと思っている。山口百恵が菩薩だと云った人がいるが、ある意味では山口百恵的こけしかもしれない、凛としているので男っぽいこけしにも見える。

Dsc_0944_2
こけしの帽子は取り外しが出来るので、かぶせ方によって表情に変化が有る。鳴子の私の好きな工人勝ちゃんも帽子の取れるこけしを作っている。あえて、無地のこけしを作ってもらった。

Dsc_0947_3

|

« 夏休み小旅行 | トップページ | 大地を冷やす雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244324/36717648

この記事へのトラックバック一覧です: 志田菊宏さんのこけし:

« 夏休み小旅行 | トップページ | 大地を冷やす雨 »