« 初卵 | トップページ | b494f »

吾亦紅

 彼岸花を三住の土地に植えたいと想い、茂子さんな訊いた。彼岸花は咲いているが畦の重要な場所に咲いているので、掘り出す事は田圃の畦を壊すことになる。
 和男ちゃんの田圃をと答えたのは、和男ちゃんの田圃は誰もやらなくなった。なくなった年の田圃は親戚が面倒を見て刈り入れも行った。期待して行ってみると彼岸花は何処にも咲いていない。そう云えば彼岸花は草刈の行き届いた畦に良く咲いている。たった1年面倒を見ていない田圃は雑草が、やむなく、私の好きな吾亦紅があったのでそれを掘り出した。
 田圃が荒れるのは米好きとしては悲しい。田圃を荒らさない条件で田圃を農民以外にも無料で貸し出してくれる制度があればとも思う。そうすれば何時でも田圃に戻す事が簡単だと思うのだが。

Dsc_1019

たった一年でこの荒れよう。

隣の田圃は今年も黄金の実りを
Dsc_1022


Dsc_1021

吾亦紅が主人のいなくなった田圃の寂しさを伝えている。

|

« 初卵 | トップページ | b494f »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244324/37010717

この記事へのトラックバック一覧です: 吾亦紅:

« 初卵 | トップページ | b494f »