« 用水の水が止まっている | トップページ | 雄鶏会長宅へ養子に »

竹の春

 竹の春は秋の季語、近くに四角い竹が生えている所があるので見に行くと、新しい筍が生えていました。
 こいつは、今頃、新しい竹を作り出すのかと感心をした。四角い筍、けして枠をはめて作ったのではない、細い竹は和室の建築素材として使えると思いつつ、雑草に負けそうに生えているので機会があったら刈り込みをして珍しい竹が生えていますよと、鎌先温泉の観光客に知らせたいものだ。四角い竹のある途中のSさんの奥さんは入院中、早く元気になってガーディニングを再開して欲しい、ここの斜面の庭にはそれぞれの季節に美しい花を楽しませてくれる。庭が元気が無いのは奥さんの病気と同じでとても寂しいかぎりである。
Dsc_1171
Dsc_1172
老人家庭なので、元気な人が手入れしないと竹も可哀想である。

|

« 用水の水が止まっている | トップページ | 雄鶏会長宅へ養子に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244324/37385731

この記事へのトラックバック一覧です: 竹の春:

« 用水の水が止まっている | トップページ | 雄鶏会長宅へ養子に »