« 牧草作り | トップページ | 東は晴れて西は時雨 »

秋の終り間じか

 秋晴が三日続いている。山頂の雪も消えてきつつある。しかし確実に秋の幕が閉じようとしている。学舎の水道の取水口が落葉で詰まってしまっている。毎日、取り除く事は困難なので、明日から別途な取水を考える事にした。落葉が完全に散りきってから取水口の清掃をする事にする。
 今、水が必要なのは牧野組合が全ての牧草地の草刈が済んで、農機具の清掃に水が必要となる。トラクターの洗浄が済んだ時に本当の秋が終わる事になる。組合は春まで仕事が無くなる。学舎では蜂箱の最終点検整備を行う。ストーブを焚きながらこつこつとやる。雪が降ったら今年は本を読むか、こけし村の寄贈こけしの整理点検と台帳作りを行おうと思っている。
Dsc_1202

Dsc_1199_2


|

« 牧草作り | トップページ | 東は晴れて西は時雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244324/37570381

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の終り間じか:

« 牧草作り | トップページ | 東は晴れて西は時雨 »