« 年の初めに | トップページ | 五日ともなれば »

弥治郎こけし『こけしの初挽き』

 1月2日は、弥治郎系こけしの『こけしの初挽き祭事』の日です。昨年度雪の日の朝でしたが、今年は、陽気もよく挽き手にとって幸いすではなかったかと思います。
 全国からこけしの愛好者や鎌先温泉の宿泊者が見学に来ました。私は、こけし神輿を鎌先温泉に練歩かせる担当を、また、今年から編成を少し替えて、中学生の女の子が案内役として、その子ども達に鎌先温泉に生育する角竹(四角い竹、10月頃に新たな竹が生える)に松と千両そして輪飾りをつけて先頭を歩かせました。中学生の女の子は目立つのが好きなのでこの役を嬉々としてやっていました。少し、様になる編成になりましたが、これからも少しづつ変えながらまつりの形態を作っていこうと思っています。

Dsc_1341


Dsc_1355


Dsc_1362


Dsc_1371


Dsc_1374


Dsc_1377

今年の初挽き工人は新山民夫君、50歳ですが独身です、何方かよいお嫁さんを紹介してください。ふるさとキャラバンの演目『兄ちゃん』見たいな真面目ゆえに女の子が引っかかりません。

|

« 年の初めに | トップページ | 五日ともなれば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


そりゃ声出すだろ!!当たり前だっての!!
あんなに激しくされたらおれだって即昇天するさ!!
その後もずーっとシてたし…女ってマジぱねェわ・・・
http://snrf0y1.das.murapon.net/

投稿: うこっけぇぇぇえいぃ!!! | 2011年1月 4日 (火) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244324/38323772

この記事へのトラックバック一覧です: 弥治郎こけし『こけしの初挽き』:

« 年の初めに | トップページ | 五日ともなれば »