« 意味不明な救援物資 | トップページ | 行政間格差 »

義援金

 私を信頼してくれて私宛にふじみの国際交流センターの仲間達が義援金を振り込んでくれた。また、私が寝泊りしていた弥治郎こけしの直売所か傾き、鎌先温泉のすずきや旅館の女将の配慮で従業員寮に仮住まいしているので、カンパですとくれた人もある。しかし、私などはどうにでもなる人ですし、津波の被害を見れば義援金も出したくなる思いに駆られます。
 私は、山元町にボランティアに入っているので、この町に皆さんの義援金を渡す事にしました。それにしても、山元町の隣は新地町(福島県)ですが、ここもあまりメディアには登場しません。相馬市は隣ですし、南相馬はその隣、風の方向では新地にも原発の被害があるにも拘らず、小さな村町は忘れがちの存在です。

Dsc_1737

46万の義援金が寄せられました。有難うございます。

|

« 意味不明な救援物資 | トップページ | 行政間格差 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

各記事に日付がありませんが、どうしてですか?たとえば3月の記事をみたとき、何日付のものかさっぱりわかりません。

投稿: さとー | 2011年4月30日 (土) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244324/39749994

この記事へのトラックバック一覧です: 義援金:

« 意味不明な救援物資 | トップページ | 行政間格差 »