« 火渡り体験 | トップページ | 秋ですね »

温泉がなにより

 今月は温泉三昧、朝日連峰の麓の大井沢おんせん、肌にまとわりつく絶品のお湯、鳴子のこけし祭で鳴子温泉、青春18の利用者のアンケートで東の横綱に成ったと宣伝をしていた。
西も東もそれぞれに素晴らしい温泉が列挙されている、無論私が毎日入浴している鎌先温泉もリストアップされていたが、一応に言えることは鉄道からのアクセスがまあまあな温泉に偏る傾向があるのはしょうがない事なのだろう。
10月の始めには遠刈田(宮城県蔵王町)でろくろ祭りがあり、こけしの組合長からの誘いもあり遠刈田温泉を楽しむ事になるが、花巻のこけし工事人煤孫さんから紹介された大沢温泉は実によかった。湯治宿が残っている温泉は温泉の中でも私好みの温泉といえる。
 前回、妻との旅のときは、夏油温泉に行ったが、温泉初心者の奥さんには大沢温泉に連れてくるべきだったと反省をしている。
 10月の中旬には黒石温泉郷に行くが、青荷温泉は不便だが滑滝を見ながらの入浴は絶品だ。しかし、湯治宿が残っている酸ヶ湯温泉は何時行っても満足な気分を味わう事ができる。

写真挿入がストライキを起しているようだ。

|

« 火渡り体験 | トップページ | 秋ですね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244324/41832886

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉がなにより:

« 火渡り体験 | トップページ | 秋ですね »